node.jsはnodenvでスッキリ!

2020年6月25日

コーディングデザインのフロントエンドHTML&CSSデベロッパー森です。

土日の間にごちゃごちゃになってたnode.jsの整理をしました。
コロナ禍で案件の延期が多いため、今のうちに開発環境の整理をしようと考えていたのをようやく実行できました。

node.jsはサイトから単体でインストールするものがあったり、複数バージョンをインストールして、バージョン変更できるものとしてnodebrew, nodenv, ndenvなどいろいろあります。
森はさらにフォルダごとにnode.jsのバージョンを設定するツールとしてはavn + avn-nodebrewを使ってました。

参考:Nodebrewとavnを使ってNode.jsのバージョン切り替えを自動化する

これはこれでよかったんですが、端末の中にnode.js単体でインストールしたものがあったり、nodebrewでインストールしたものがあったり、avn-nodebrewがあったり、ごちゃごちゃになっていたので、スッキリさせたいと思ったのでした。

参考:Homebrew 経由の anyenv 経由の nodenv 経由で Node.js をインストールする

調べてみると複数バージョンのインストールとフォルダごとにnode.jsのバージョンを設定するのことができるものとして、anyenv経由でnodenvをインストールするのが良さそうということが分かりました。

参考:Node.jsのバージョンを自動で切り替えられるnodenvが超便利

黒い画面にめちゃくちゃ親しんでいるわけではない森からすると、古い環境を削除して、あらたにnodenvをインストール&既存の開発環境が動作するまで作業するのはなかなか緊張します。。
たっぷりエラーが表示されるとげんなりしますが、その都度エラー文言を検索して内容を理解して対処してやり抜くことができました。
ネット上に困ったときの事象をシェアしてくださってる方々にほんと感謝します😭

参考: